ネバーエンディングチェーンッマ!!!

映画の事やネバチェンの思う事をだらだらと~すいませーん。

※ネタバレ注意 『ジョン・ウィック』 (好きなので何回も書くと思います)

こんばんは、おはようございます。

お疲れ様です、お疲れ様でした。ネバチェンです。

 

はーい、映画のネタバレだし、面白く無い記事なのでタブはソッ閉じで大丈夫ですよ〜、間違えてリンク踏んだ人も違うもの見ましょう。

 

 

 

という事で、ジョン・ウィックのネタバレを書きたいのですが、その前に今の私のブログを書いてる環境と状況を説明しますね。

今回のブログ内容としては

 

 

『前半戦〜』

ネバチェンの状況→●友達の家で友達から貰ったノートパソコンでブログを書いている。

●友達はみんなカードゲームをしている。

●ネバチェンは今生きてた中で3回目の経済危機なので、男女問わず友達のヒモをしています(交通費食費全部出してくれるから頭が上がりません)

☆そして.........

私の友達の一人に私が「お前が彼女出来たらブログ苦手だけど頑張ってみるわ〜」と自ら言ってしまい、そして友達に彼女が出来ました。

おめでたい事ですね♪

 

その日以降、「ネバチェン、ブログは?」

「ブログ書かないの?」

(私、ラインを開く)

「ブログ書けよ」

まあ、言い出しっぺで約束してしまったので、周りから集中批難で自宅ではダラダラしてしまうので、とりあえずこうゆう時に「書けよ」って指示が出たのでとりあえず書いている次第でございま〜す。

ブログ向いてないと思うんだけどな.....

 

あっ、カードゲーム一個混ざったんですが面白かったです。

たくさん種類はあったので、機会があれば紹介していきたいですね。

 

シュレディンガー勇者

シュレディンガー勇者

 

今日は上のゲームを友達とやりました。

私は一人の友達を負かすことしか考えずにこのようなゲームはやらないので、説明や紹介はマジで下手くそだと思います....

製作者様ごめんなさーい、でもこのカードゲームをきっかけに他のゲームでもまだ盛り上がってます。

ちなみにいつも負かせようという友達は今後きっとブログにも出てくるので名前を決めておきます。

うーん、、、、、、、いつも口論にはなるけど結局自分は助けて貰ってるので「先輩」とか呼んでるので

なっちゃん先輩】と呼んでいきましょう。

ちなみになっちゃん先輩のイメージイラストです、激似です。マジです。(サウスパークの公式サイトで作れたよ、今はどうかな。。。)

f:id:endingchainnever:20170708205604j:plain

 

『後半戦〜』

さぁ、ジョンウィックですよねー。

日本は、2017年7月7日七夕に公開ですね!

はいネバチェンは諸事情(ガチで金が無いのと体調の不調)でまだ観に行けてない...

公開日にボルテージがグワー!って上がって上映開始の1時間前とかには劇場とか着いてるんですけどね......非常に残念。

まぁ公開日前日も14回目くらい観たジョン・ウィック観てたのでとりあえず日本語にはならないレビューですが書いていきますね。

題名で(好きなので何回も書くと思います)をつけてたら本当に好きな映画なのでカテゴリーを別に作って語らせて頂くと思います。申し訳ない・・・・

 

とりあえず箇条書きで書いてみますか。。。今ブルーライトで眼が殺されてるので資料もどこかのサイトで調べる元気も無いのでなぶり書きで思いついた事だけ書きますね。

そうです、ネバチェン個人としては「コンスタンティン」以来のキアヌ・リーブス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜って感じの映画でした。

何がいいって殺陣ですよ殺陣wwww

そう、チャプター2でも言われてる《ガン・フー》ってやつです。

どう表現してくれよう.....

美しいんですよ殺陣が(笑)

あ〜何て語彙力が無いんだ俺!!!

もう最初の自宅での殺陣から最後のラストの《カー・フー》までスムーズなんです。

スムージーなんです。

映画の設定では「引退したはずのあの伝説の殺し屋を怒らせて大復活」なんですけど、

少しは腕は落ちてるはずなんですブランクがあって。

それでも、それでもですよ〜奥さん♪

伝説の殺し屋は怒ってるから格闘技と銃撃をジョンウィックという料理人にしか出来ない味付けでしょっぱなからガンフーしちゃうんですよ。

しかも、記憶では本格的にトレーニングしてた(多分パンフレット情報)んだって。

もうねーストーリーや世界観もあるから面白いんだけど、それを抜いてでもこの殺陣は凄いわwww

銃の構え方が室内だと、(出来るだけ体の近くで持つとか)

殴り合いの仕方でもういろんな格闘技が......

 

【あと、ジョンウィックの喜怒哀楽演技がめっちゃ良かったですね。。。。

いやこれは本当に。。。。

めっちゃ悲しんで愛して喜んで怒って、なんだか趣〜な演技があるからこそこの映画は良いんだ!!!って思ってます。】

  • トーリーの展開・細かいこだわり・濃いキャラクター設定と世界観

勿論、キアヌ・リーブスのアクションは運転も合わせてこの映画の面白さなんですが、

それ以外の要素も関係してると思うんです。

●まず脚本が面白い!!!

「引退した元伝説の殺し屋が亡くなってしまった奥さんから希望として受け取った犬を元関係者のバカ息子に殺されてマジギレして復活」

いやもうシンプルに可哀想でしょ...

まぁそれから復讐しに行くまでのジョンウィックの情報の集め方や逆に狙われてしまうストーリーから安心してからのクライマックス!!!に到るまで脚本が面白いと思いましたね。。。

余談ですが、この脚本の件でなっちゃん先輩と揉めました。

なっちゃん先輩「いやあのグリーンゴブリン(ジョンウィックの親友役のウィリアム・デフォー)がいなかったらジョンウィック死んでるじゃん。。。。」

 

いやああああそうじゃねええええだろうがああああああああ

ウィリアムデフォーがいてこその粋なシーンあるだろうが!!!!!

ウィリアムデフォーのテーマ曲マリリンマンソンでめっちゃアンニュイだったでしょうが!!!まだ子供が食べてる途中でしょうが!!!!

 

 

●銃や車、映画独特の非現実的な裏社会の世界観

 

そう、私はあまり詳しくは無いんですが、銃もかっこいいラインナップだったらしいですね。車は「おぉマッスルカーだ」と普段軽自動車乗りの私でも惚れ惚れするくらいでした。

あの細かいラインナップがあってこそ、アクションも映えるんじゃないかな〜とか思ったりしちゃいますね。

 

あとこの映画の世界観が凄く、「いやいやこんな漫画みたいな(笑)」と思いながらも

引き込まれちゃうくらい良い世界観なんですよね。ウィリアムデフォーの手助けや生き様だったり。

だからジョンウィックにみんなハマっちゃうのかなとか思ったり。

 

 

すいません、長すぎすね文。

とりあえずまとめると。

ジョン・ウィックは1はマジで何回も観れるし、2はさらにぶっ飛んでるから観よう

です。

 

もうすいません、文もまとまってないし、目次とかでページ分けれるようにもまだ出来てないし。

しかもこのブログ、「書くのめんどくさい・・・」とか思いながら、仕方なく友達に負けて書いてる状態ですからね。

でも映画は素晴らしいです、映画は悪く無い。

悪いのは俺となっちゃん先輩だ!!!

f:id:endingchainnever:20170708205604j:plain

 

あと公開日、前日にジョンウィック観てねれないので描いたイラストです。

f:id:endingchainnever:20170708220051j:plain

とりあえず、少しは読みやすい記事書けるように頑張ってみます。

書かないと友達に「お前書けよ」ってLINEが来るので。。。。

一生面白い記事は書けません!!