ネバーエンディングチェーンッマ!!!

映画の事やネバチェンの思う事をだらだらと~すいませーん。

【※ネタバレ注意】 『ザ・コンサルタント』

こんばんわんわん、お疲れ様です、おつかれさまでした。

ネバチェンです。

はい、では

ここからは映画のネタバレだよ!

駄文が書かれるからそこはご了承くださいね。

 

 

てな感じで、この前やっと観ましたよ〜

ザ・コンサルタント』 

「この映画はちょっと変わってる」と評判は伺っておりましたが、

大きくとても雑に観終わった後に感じた事は

(いつも観てるアクション映画とは一味違う)

この一言ではあります。どんな感じだったかまた番号とか箇条書きになりますが書いてみます。

 

その前にネバチェンのミニミニ感想ポイントとしては

ブラクストン - ジョン・バーンサル

引用元:ザ・コンサルタント - Wikipedia

 

そう、ウォーキング・デッドのシェーンが出てるwww)でした。

エドガー・ライト監督の『ベイビー・ドライバー』にも出てるから楽しみです。

 

はい、じゃあ駄文レビュー書いていきます。

主人公クリスチャン・ウルフの自閉症の設定がかなり映画に味をつけてる

超主人公が強いアクション映画ってまぁ、色々過去のトラウマや設定があるんですけどそれにしてもこの映画はだいぶ設定描写が細かかったと思います。

私は自閉症の症状は無いので映画だけ観ても全ては理解出来ていない部分もありますし、実際に自閉症の方が観るとどう感じるのかは分からないです。

でも映画で描かれてた

  • 最後まで物事が終わらないと気が済まない
  • この映画の印象シーンでもある(手をフッフッと吹く)動作
  • 回想やラストでも出て来る、症状を受け入れながら暮らす施設?的な場所
  • ウルフは施設では過ごさず、父親から社会で生きていく為にかなり荒い訓練を受けていた過去

この辺の設定の凝り方は映画のストーリーの展開や、アクション描写とのギャップがあって、「ちょっと何かが違うアクション映画」に仕上がってたんじゃないかと思います。

 

②とは言っても、最近流行り?のCARシステムや軍的な格闘技が満載

クリスチャン・ウルフは表は会計士で、裏は殺し屋稼業なので銃撃と格闘技が炸裂します。

ジャック・リーチャーやジョン・ウィックにも感じるような

(あっ、ちょっとマジの戦い方だ・・・・・)

があるので、(エェェェ。。。。。)ってなります。

とても良いアクション映像です、ベン・アフレックなんかごついというか、体と顔広いしね。他の役者とは違う重量感のある殺陣!

 

③主人公なりの倫理的な掟は通すウルフのキャラクター

自分の細かいルーティンや過去のトラウマを抱えてるけど、その性格だからこそ

ウルフはアナ・ケンドリックもJKシモンズおじさんも助けたと思います。

もうその性格が一番出てるのは、じわじわ予想出来るストーリーの一つである

「ジョン・バーサルが実は回想で出てきた弟で、同じ裏稼業をやっていて、たまたま敵になってたwwww」の所です。

ウルフは敵も殺すし、悪い事してた人も殺すけど

敵のボス=ウルフの弟

って知ったら、ウルフの優しさで殺しません。

というか、(敵になってた事さえもっと早く分かればwww)とは思ったんですけどそこもこの映画のストーリー展開の肝なんでしょう。

 

いつも通り話し言葉に駄文で書いてしまいましたが、ネバチェン的総まとめすると

 

表の会計処理も裏の稼業もウルフだからこそ最後まで処理はするのだ!です。

 

病気のせいで困るけど、その病気だからこそ出来る行動と仕事を描いてる映画かな?と感じました。

 

 

余談ですが、ベン・アフレック監督もやってるし、バットマンのニュースもあったりいつも話題には欠かさない映画人ですよね。

個人的に思い出した事はマット・デイモンと脚本書いたり、組んで一緒に出演や製作総指揮してる事でした。

なぜなら私、『ザ・フィースト』っていうベンアフとマットが製作総指揮した映画大好きだからですw

ちなみにこのザ・フィースト』、脚本もプロジェクト・グリーンライトっていう企画から選ばれた二人組が書いているんですが今まで観たふざけたクリーチャーコメディ映画で脚本なら個人的にはぶっ飛び面白さ度第一位です。

2作目、3作目はちょっとやり過ぎでしたがwww

 

The FEAST/ザ・フィースト
Feast
監督 ジョン・ギャラガー
脚本 パトリック・メルトン
マーカス・ダンスタン
製作 マイケル・リーイ
ジョエル・ソワソン
製作総指揮 ベン・アフレック
マット・デイモン
クリス・ムーア
ウェス・クレイヴン

引用元:The FEAST/ザ・フィースト - Wikipedia

 

ベン・アフレックだけが共通で、今回のレビューと離れ過ぎてるのでまたいつかレビューは書きたいです。

 

 

バイバイとあっさり言いたい所ですが、最後に伝えたい事。

 

さっきまで飲み会だったけど、ネバチェンはお酒も弱いので今ノーパソの肩凝りとアルコールでめっちゃ頭と眼の痛みを感じながらレビュー書いてたので日本語がいつも通り「あれ」な感じです。申し訳ないです。

 

誤字ってたり、日本語おかしい点見つけたらリライトしときます。

「ザ・フィースト」の日本語版予告編は面白いし曲も良いですよ!

 

New Generation

New Generation